耳に関わる | 専門医師の治療で改善~症状に合わせた治療~

専門医師の治療で改善~症状に合わせた治療~

二人の男性医師と女性医師

耳に関わる

毎日の生活の中で私たちは音に頼っていることがあります。信号を渡る際には、信号機の音を聞いて音がなれば渡ることができるという判断をしています。道を歩いている時にもバイクや車の音を聞いており、近づいてくるのを察知します。このように耳からの音を判断することで自分の身を守る助けともなるのです。しかし、この耳が病気になり聞こえなくなると、生活に様々な影響を与えてしまいます。聴神経腫瘍という病気があります。これは名称のなかに「聴く」という言葉が入っていることもあり、聴覚に関わる病気です。どのような病気かというと、まず、症状が聴覚にかかわるものです。聴神経腫瘍になると、聴力が落ちてきます。場合によってはなにも聞こえなくなる場合もありますので、そうなってしまうと生活を過ごす上でとても不便になります。そのため、聴神経腫瘍になった人は治療をすることが大切です。

聴神経腫瘍は腫瘍であり、腫瘍の1種です。良性の腫瘍とも言われているので、多くの害があるとういわけではありませんが、耳が聞こえなくなってしまえば、日常生活に支障をきたしている状態になるので、早めに治した方が良いです。聴神経腫瘍は、様子を見ることや、放射線の治療をすることで治すことができます。しかし、それは聴神経腫瘍の状況によって方法を選択した方が良いとも言われています。場合によっては手術が必要ですが、場合によっては、手術ではなく、様子をみることで回復を待ったほうが良いという場合もあります。そのため、聴力が低下した場合には、聴神経腫瘍の可能性があるので、まず病院で診察を受けると良いです。命に関わるという腫瘍ではありませんが、一応病院に行って診察を受けたほうが状況をしっかり把握することができるので、そういう意味でも診察をうけると良いです。