がんを退治する | 専門医師の治療で改善~症状に合わせた治療~

専門医師の治療で改善~症状に合わせた治療~

二人の男性医師と女性医師

がんを退治する

免疫細胞治療の仕組み等について

免疫細胞治療とは、がん治療の一種になります。患者本人の免疫細胞を使って、がん細胞を攻撃するという治療方法になります。 人間の体内では、日々多くの異常細胞が発生しています。ただ、こうした異常細胞が発生しても、体内の免疫細胞の働きで排除されるので、がんになる事は防止されています。ただ稀に、この免疫システムをすり抜けてしまう異常細胞があります。これががんになってしまうのです。 がん細胞は一度発生すると物凄いスピードで増殖していきます。そうすると、体内の免疫システムだけでは対応出来なくなってしまうのです。そこで考えられたのが、免疫細胞を人工的に増やして、がん細胞よりも多くして攻撃させるという方法です。これが免疫細胞治療という治療方法になります。

具体的な流れ等について

免疫細胞治療の具体的な流れとして、まずは患者から元になる免疫細胞を採取します。採取の仕方は、最初に患者から血液や血液成分を採取します。この血液等の中から、治療に使う免疫細胞を取り出すというやり方になります。 元になる免疫細胞が採取出来たら、専用の培養液の中に入れます。その後、薬剤等で刺激をして、細胞が活性化するように促します。免疫細胞の活性化が確認されたら、培養液から取り出して洗浄を行ないます。 そして最後に、洗浄された免疫細胞を点滴で患者の体内に戻します。そうすると、活性化した免疫細胞は、体内でどんどんと増えていき、がん細胞を攻撃するようになるのです。 この免疫細胞治療は、患者本人の細胞を使うので副作用が少ないというメリットがあります。また、化学療法等の他の治療方法と合わせると、治療効果を高くする作用もあります。こうした事から、免疫細胞治療は現在注目を集めています。